危険な蜂の巣を駆除する│業者に頼めば安心です

男女

ハチの巣を見つけたら

困る女性

ハチ駆除は自分でもできますが、無理のない範囲で行いましょう。蜂の巣を見つけたら、まずはハチの種類を特定します。巣の形が丸く出入り口が一つでそこからハチが行き来しているものはスズメバチです。軒下や屋根裏など人の生活スペースにも巣を作ります。スズメバチは攻撃性が強く、巣に近づいただけでも攻撃してきますので特に注意が必要です。もし巣の大きさが直径25センチを超えるような大きなものであれば、必ずハチ駆除業者に依頼しましょう。六角形の育房がむき出しで寄り集まったような形をしているのは、アシナガバチの巣です。アシナガバチはスズメバチよりは攻撃性が低いです。しかし急に近づいたり刺激を与えると攻撃性してきますので気をつけましょう。

自分でハチ駆除する場合は、ハチの動きが日中に比べて鈍くなる夕方から明け方に行なうとよいでしょう。駆除をする際は、なるべく白い服を着ます。その理由は、黒い服だと天敵のクマと勘違いされ攻撃されやすくなるからです。スズメバチを駆除する場合は、防護服を身につけた方が安全です。自治体によっては、防護服を貸し出してくれる場合もありますので、役所で相談してみましょう。スズメバチでなくてもなるべく露出の無い服装がよいとされています。また首回りはタオルで保護し、防護ネットのついた帽子をかぶっておくと安心です。駆除をする時は、なるべく3、4メートル離れたところから巣に向かって蜂用の殺虫スプレーを噴射しますが、蜂が中から出てきても噴射続けてください。噴射し続けると殺虫剤が切れてしまうため、念のためスプレーも予備があるといいでしょう。蜂の巣を落とす時は長い棒など使うと巣に近づくこともなくなるため、安全に撤去することができます。そして、下にゴミ袋などひいておき、落ちた巣を回収します。ハチ駆除には危険が伴います。そのため、無理をせず難しいと判断したらハチ駆除に依頼をして、怪我の無いようにしましょう。

Copyright© 2016 危険な蜂の巣を駆除する│業者に頼めば安心です All Rights Reserved.